がん・難病治療

がん・難病治療

がんや難病の症状を緩和するには、病気に対抗する免疫力を上げることが重要です。
体のバランスを整え、免疫力を上げることで、病気の改善が望めます。
抗がん剤は使わず、できるだけ薬を使わない治療をご提案いたします。他院で手術・放射線・抗がん剤治療をされている方もお気軽にご相談ください。
症状・副作用の緩和も望めます。

免疫療法

免疫療法

第4のがん治療になると言われている「免疫療法」。当院では数ある免疫療法の中の、BAK療法を取り入れております。患者さんの血液を少量採取し、その中の免疫を担当している細胞を増殖したものを再度、患者さんへ点滴で戻します。ご自身の免疫細胞を増やして免疫を向上することで、がんの治療、症状・副作用の緩和を行います。

高濃度ビタミン

高濃度ビタミン

多くのがんの培養細胞はビタミンC濃度が400㎎/dlに達すると死んでしまいます。ビタミンCは高濃度になると栄養素ではなく抗がん剤として働くのです。また、ビタミンCはミトコンドリアの機能を正常化し、免疫システムを刺激(インターフェロンの産生、マクロファージの食作用の亢進、NK細胞数の増加と遊走能の亢進)P53遺伝子(がん抑制遺伝子)を安定化、P53遺伝子の障害を抑制し細胞の突然変異を予防します。がんの発生や再発の予防にも効果があります。

ホルミシス

ホルミシス

日本でもラドン温泉は有名で、病気や難病の方が多く足を運ばれます。また、オーストリアのバードガスタインには天然ラドン坑道があり、発足以来、年間1万人の治療、健康増進目的の利用者が後を絶ちません。このラドンの効果は、「放射線ホルミシス」という効果で、適度な量の放射線による刺激です。日本では怖いと思われている放射線ですが、適度な量の放射線は、体を活性化し、免疫力を向上してくれます。自身の免疫力を向上させ、治療、症状の緩和を目指します。

オゾン

オゾン

一般的には「血液クレンジング」という名前で有名な、オゾンガスを用いた療法です。血液を100cc採取し、オゾンガスと反応させ、身体に反応させた血液を点滴で戻します。この少量の血液が身体の中で連鎖的に反応をおこし、全身の状態を改善します。代謝改善作用、免疫担当細胞活性化調整作用、創傷治癒促進作用、抗がん作用等、多くの症状に効果が期待できます。

鍼灸

鍼灸

がんや難病、その他の病気が起こる原因は様々ありますが、免疫力が低下する一つの原因のとして、自律神経(交感神経と副交感神経のバランス)の乱れが考えられます。現代人はストレスによって交感神経優位の状態が続きやすい環境にあり、自律神経のバランスが乱れて、それが原因で最終的には様々な症状、病気の引き金となってしまっています。 また、病気によって心身の苦痛があると、余計に自律神経は乱れてしまい悪循環に陥ります。

点滴療法の補助として、当院の鍼灸治療は自律神経の調整をメインに治療を行っています。主に自律神経の調整に優れた「瀉血」をし、難病やその周辺症状に対する治療を行っています。

メンタル

高濃度ビタミン

「病は気から」という言葉があるように、心理状態と病は密接な関係があります。ストレス社会の現代、さらに病気を抱えることによるストレスは、体にも影響を及ぼすことが多いです。心理カウンセラーによる丁寧なカウンセリングで、ストレスを緩和いたします。また、患者さんをサポートされているご家族、周りの方のご相談も承ります。

温熱

美顔

近年、低体温の人がとても増えています。
体温が1℃下がると免疫力も比例して下がります。
そんな冷えた身体を改善させるために当クリニックではインゴット【塊】のテラヘルツ温熱器を使用したテラヘルツ温熱療法を取り入れています。
冷えは勿論のことですが慢性的な痛みや部分的な滞り・不定愁訴の解消、または美容温熱としてリフトアップにも効果があります。
心地良い温かさで身体だけではなく心も温まります。
テラヘルツ波は直進性と透過性に優れており遠赤外線より深く身体深部に働きかけます。

漢方薬

漢方薬

自然の恵みの生薬、漢方薬で全身状態を改善し、治療、症状・副作用の緩和を行います。それぞれの体質に合わせたの基本的な改善に加え、体力・免疫力の向上を行います。また、抗がん剤の副作用であるしびれ(末しょう神経障害)や、食欲不振、皮膚障害などのご相談も承ります。

問い合わせ

PAGE TOP