オンライン診療とは?流れとメリット・デメリットまとめ

オンライン診療 メリット デメリット

2018年の診療報酬改定でついにオンライン診療が保険診療に認められました。

オンライン診療は医師と患者がスマホやパソコンを使って診察を受けるという今までにない診察方法です。

そのため医療業界ではまだ期待と不安が混在しています。

そこで今回はオンライン診療は具体的にどういったものなか、診察から薬を受け取るまでの流れを紹介します。

また今までの対面での診察とどのようなメリット・デメリットがあるのかも解説していきますのでぜひ参考にして下さい!

オンライン診療とは

オンライン診療は最初にお伝えしたように、医師と患者がスマホやパソコンを使って診察を受けることです。

 

 

この動画のように自宅にいながら診察を受けることができるので、オンライン診療は受診の負担が大きく減ることが期待されています!

それでは具体的にオンライン診療を受けると、どのような診察になるのか流れを確認してみましょう。

まずは対面診療

オンライン診療 流れ

オンライン診療を受けるためには原則最低1回は対面診療が必要となります。

そして医師からオンライン診療でもよいと判断されれば、オンライン診療による診察が可能になります。

アプリで診察を予約

オンライン診療 予約

オンライン診療の場合は診療の予約をアプリを使って行います。

ただ病院によって使用するアプリは異なります。

どのアプリを病院は採用しているのか、病院側にきちんと確認しておくといいですね。

[clink url=”https://remote-clinic.net/app/”]

オンライン診療で受診

オンライン診療 受診

受診日の予約時間が近づいたら、ネットの通信環境がよく静かな場所で待っておきましょう。

医師からコールがありますので、それに応答するとオンライン診療が開始されます。

事前に今日の血圧や何か気になることをメモしておくと、よりスムーズに診察を行うことができます。

診察料金の支払い

オンライン診療 クレジットカード

診察が終わると支払いはクレジットカードで行います。

オンライン診療を利用するにはクレジットカードは必須なので、あらかじめクレジットカードは作っておきましょう。

[clink url=”https://remote-clinic.net/creditcard/”]

薬の受け取り

オンライン診療 薬の受け取り

診察が終わると最後に薬を受け取ります。

薬の受け取り方法は

  • 病院が薬を発送
  • 病院が処方せんを郵送し、薬は近くの薬局で受け取

の2通りあります。

どのように薬を受け取るかは病院によって異なるので、きちんと説明を聞いておきましょう。

[clink url=”https://remote-clinic.net/prescription/”]

オンライン診療のメリット・デメリット

オンライン診療 メリット デメリット

オンライン診療の流れはだいたい理解してもらえたでしょうか?

流れを確認できたところで、次は対面診療と比較してどのようなメリット・デメリットがあるかみていきましょう。

オンライン診療のメリット

まずはオンライン診療のメリットについて紹介していきます。

病院に何回も行かなくていい

先ほどお伝えしたように医師から許可を得てオンライン診療になれば、病院へ行く回数が大幅に減ります

そのため受診までにかかる交通費や時間が少なくなるメリットがあります。

これなら病院へ行くのが面倒くさいと思っていた方や、遠方で病院までの交通費が高い人でも気軽に受診することができますね。

待ち時間がない

対面診療では予約していたとしても診察の進み具合によって待ち時間が長くなり、なかなか診察が始まらないことがあります。

しかしオンライン診療は

  • 対面診療とは別の診療時間
  • 診療時間を細かく設定

している病院が多いため、ほとんど予約時間をずれることなく診察が開始されます。

付き添いがなくなる

受診をする人によっては足が悪かったり、交通手段がないため家族の付き添いが必要な方がいらっしゃいます。

これがたとえ付き添いが月1回であっても自分の仕事や用事を後回しにしなくてはいけないので、家族にかかる負担は決して軽くはありません。

でもオンライン診療になれば病院へ付き添う必要がなくなるため、家族の方のは時間に余裕を持つことができます。

場所を選ばない

オンライン診療ではネット環境があればどこでも受診することは可能です。

なので休日の自宅に限らず、仕事の休憩時間にも受診ができます。

つまり今までわざわざ有休をとって病院を受診していた人も、オンライン診療であれば仕事の合間に受診できてしまいます。

受診への恥ずかしさがない

脱毛症などの見た目の病気を患っていると、人によっては受診自体に抵抗がある場合があります。

でもオンライン診療であれば病院へ行く回数が減るため、苦痛だった受診を減らすことができます。

オンライン診療のデメリット

最後にオンライン診療のデメリットについてまとめてみました。

原則1回は対面診療が必要

オンライン診療は病院へ行かなくてもよいという大きなメリットがありますが、原則最低1回(基本連続する6ヶ月)は対面診療が必要となります。

なのでオンライン診療だからといって非常に遠い病院を選択すると、対面診療の時は受診に大きな負担がかかります。

またオンライン診療が開始した後も定期的に(基本3ヶ月に1度)対面診療が必要なので忘れないようにしましょう。

注射、点滴などの処置はできない

対面診療でよく行われる聴診や心電図、採血などの検査や注射や点滴などの処置はオンライン診療ではできません。

このような行為が受けたい時は対面で診察を行う必要があります。

スマホ、パソコンを使う

オンライン診療ではスマホやパソコンに付いているカメラを利用して診察を行います。

この操作はそこまで複雑ではありませんが、ある程度スマホやパソコンの操作ができなくてはなりません。

最近では普段からスマホやパソコンを使う人が多くなっています。

しかしそれでも上の世代になると、スマホやパソコンを操作するのは難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

クレジットカードは必須

日本では普段の支払いには現金を使う人の割合が多いので、クレジットカードを1枚も持っていない人もいます。

でもオンライン診療の支払いにはクレジットカードしか受け付けてはいません。

クレジットカードの作成には抵抗があるかもしれませんが、オンライン診療を受けたい場合はまずはクレジットカードを作るとこから始めましょう。

病院の数が少ない

2018年からやっとオンライン診療の保険診療が認められたこともあって、まだ対応している病院は少ないです。

これから徐々に増えていくと思いますが、地域によってはオンライン診療を受けたくても受けられない状況が続くと思います。

すぐに薬を受け取れない

オンライン診療の流れで説明したように、診療が終わってから薬もしくは処方せんが配送されます。

そのため薬を受け取るのは早くても明日になるので、ある程度手持ちの薬に余裕を持って受診しなくてはいけません。

オンライン診療で処方箋をもらった場合、こちらの方法を使えば待ち時間が少なくなります。

まとめ

オンライン診療の流れ、メリット・デメリットはわかっていただけたでしょうか?

ほとんどの人が病院への通院は長く続くものです。

そういう方において一部でもオンライン診療を取り入れることは、時間や経済面において大きなメリットがあります。



まずは自分の近くにオンライン診療を対応している病院がないか探してみましょう!

このサイトではオンライン診療をしている病院の基本情報だけでなく、実際に体験をした人の口コミも掲載しているのでぜひ参考にして下さい。

※探し方はページ上部にあるSEARCHをクリックすると検索できます!